本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

23

0

配信開始

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • VM02_slide.pdf(11.13 MB) 

この動画を視聴するには

単品購入(4,950円)

視聴期限は購入後30日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

トップが理解すべきヒューマンエラーの対処法~人は正しい(合理的)と判断して行動する~

皆さんは日々の業務の中で、起こってしまうミスや事故を「ああ、それってヒューマンエラーだね」と切り捨てていませんか?

 

そもそも「ヒューマンエラー」とは何でしょう?その定義はどのようなものでしょうか?

本動画では、講師にヒューマンエラーの研究者である河野龍太郎氏をお迎えし、ヒューマンエラーとは一体何なのかを改めて定義から見直し、ヒューマンエラーが発生するメカニズムを、モデル化して考察してゆきます。

その中で、トップの考え・行動が、ヒューマンエラーへどう影響するのか、またヒューマンエラーを予防するためにトップが取るべき行動について説明します。

特にトップマネジメントや、組織の管理層がヒューマンエラーとどう向き合っていくべきなのかを考えていただくために最適な動画です。


内容(全72分):

  1. すべては人間の判断と行動が決定している
  2. ヒューマンエラーとは
  3. 人間の行動に影響を及ぼす要因(個人の不注意から"安全文化"へ)
  4. まとめ

関連する動画

【対談】トップとヒューマンエラーとの関係を考える ~ヒューマンエラーの原因はトップにある?~
 

講師:河野龍太郎(かわの りゅうたろう)

・自治医科大学名誉教授
・勤務:株式会社 安全推進研究所 所属:役職:代表取締役所長
・慶友整形外科病院病院長特別補佐(2019年7月から)

<略歴>
・防衛大学校(航空要員、電気工学)卒業。
・航空局東京航空交通管制部で12年間、航空管制官として勤務。
 その後、東京電力(株)技術開発本部で原子力発電プラントの
 ヒューマンファクターの研究に従事。
・2007年に自治医科大学医学部メディカルシミュレーションセンターに
 勤務(センター長、医療安全学教授)。
・2018年3月に退職し4月から現職。
・2015年から2019年3月まで学校法人東京女子医科大学理事長特別補佐
 (医療安全・危機管理担当)。
・一貫して航空、原子力、医療、交通、製造システムなどのリスク管理
 および事故におけるヒューマンファクターの問題を研究している。
・ヒューマンファクター工学をベースにした体系的な
 ヒューマンエラー事象分析手法ImSAFER™や対策立案の方法を提案している。
・日本心理学会、日本人間工学会、医療の質・安全学会などの会員。
・博士(心理学)、日本人間工学認定人間工学専門家。

関連動画